ふり返る暇なんて無いね

日々のメモ書きをつらつらと

インフラって

インフラって言葉はもの自体をを指してる。でも、日々業務に追われる我々はものそのものの仕組みよりそれをどう扱うかの運用の方に興味を持ってかれている。

それ自体は優先度という観点では正しい。いくらインフラそのものを知っていてもどういうときにどうすれば良いのか分からなかったらお仕事にならない。

インフラは基礎そのもので運用はいわば応用と考えることができる。最低限の基礎とその応用だけでお仕事はなんとかこなせるだろう。だが、高いレベルの仕事をするには、深い基礎への理解が必要ではないかなと。

運用に行き詰まったとき立ち返る基礎がインフラなのかな。

って、なんとなく頭の中に浮かんだことを書き連ねた。

何も推敲してないし、なんもオチはない。下手すると何の意味もない。